あたまにおちてくることばを。

                   
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
開 / 詩

「開」

 

 

 

かばんいっぱい

 

つめこむごきげん

 

ゆるされていると わかったからだ

 

焦げついた床

 

そのままにして

 

ツルツルすべる

 

廊下をわたって

 

くだらないジョーク

 

とめどなくでる

 

調子にのってるつもりはないんだ

 

できる範囲でいろいろ集めた

 

ダンスもやったし

 

絵も描いてきたし

 

宇宙の真実 勉強してきた

 

 

来るべき時を待っていたんだ

 

 

 

 

______________________________________________________________________
ランキングバナー  にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ プリーズ!

 

   Copyright (C) 2009 Chiharu Mukai
※photo byIMAGE*AFTERonline free photo collection

 

 

JUGEMテーマ:ポエム

JUGEMテーマ:

 

| 01:18 | | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://beforesleep.jugem.jp/trackback/88